上京。

久し振りに上京してきました。

用事があっての日帰りでした。

とんぼ返りって、

ある意味では贅沢ですよね。

その用事のためだけの移動。

その行動が、その用件が、

自分にとってどんな意味があるか、

どれだけ大切なのか。


ひとつ、

それは確信したことだったし、

ひとつの成長かと。

でも、まだ全然足りないんだよなぁ。

それも、痛感。


東京は好きな街。

また、行こう。

うしろめたさの人類学

うしろめたさの人類学

うしろめたさの人類学


暑すぎます…あおねぎです。

読書、進めております。


日々のちょっとした、

違和感やざわつきに対しての

ヒントみたいなものが書かれている本ですね。


あいさつがある職場ない職場、

いろいろあると思います。

いまの職場では、

あまりあいさつがありません。

私には違和感がありまくるのですが、

プロパーで居る方々には

フツーのことのようで、

全く落ち着きません。


そこに人が居んのに反応しない、って、

単純に気分悪くないんかなーって

思うんですけど…


まぁ、

私も余分なパワーは使いたくないので、

自分なりのスタンスで居ますけど。


ちょうど、

そういうモヤモヤを抱えていたので、

とても共感する一冊でした。


日本と海外の違い。

日本では、

人やモノの配置や関係によって生じる

「感情」というものの増幅を最小限であるように、

社会が設計されています。

私達はとにかく、

感情をうまく扱えなくて、

感情を動かさないことに躍起になっている。

感情が動いてしまうと、

いろんな厄介があるから。

エチオピアでの人々の生活ぶりを読んでいると、

私たちが、うまく扱えないものと、

彼らの方が軽やかに当たり前に、

共存しているようにみえる。

どちらが良いという話ではありません。

さまざまな不便と、

不安定でひどく面倒な、

ひととひととの関係と、

それらとずっと暮らしていく

彼らの生活に、

諸手を上げて賛成したいわけでもない。

でも、と感じてしまう。


こういう違和感は、

けっこうずっとあったような気がするし、

日本に住む限りはあり続けるのかもなーと思う。

私は外国人と話す機会もあって、

あるからなのか、

彼らが、

当たり前だけど、

日本人とは明らかに違っていて、

決して経済的に裕福ではないはずなのに、

ずっと軽やかだと感じる。 


自分が今まで正しいと思っていたことが、

そうではないのかも、

と再考することが多くなった。

し、

その結果、まあまあ人とは違う行動もとることになった。


そうなんだよなぁ…


この本、読んでよかったです。


四月になれば彼女は。

四月になれば彼女は

四月になれば彼女は


なんというか。

昨秋から

たくさんのことが私に押し寄せまして、

ブログを放置しておりました。

その日々もようやく落ち着きつつあります。

感情は揺れますし、

やはり、

私を取り巻く環境や条件は変わったと

言わざるを得ない訳ですが、

回復しつつあり、

少し文章を書きたいなと思い、

ブログを開きました。


このブログの空白期間にも

ここを訪れてくれる方がいらしたようで、

ありがとうございます。


これを機に、

いくつかの記事を削除しました。

ごめんなさい。


さて。

久々に、読書をしました。

思い返してみると、

年単位で本を読んでいないなと、

今年の初めに思いました。

なにかが足りない…ということが、

ふと、意識に上った次の瞬間に、

思ったことでした。

また、

インターネット上の、記事や文章は読める、でも、

本のように、まとまった、ある程度のボリュームのあるものを読めなくなっている気がしていました。

とりあえず、軽めな小説を、と思い、

手にしました。はい。


ほんとうに久し振りに、

恋愛小説を読みました。

あまり海外に行ったことのない私ですが、

この小説に出てくる各所は、

それぞれステキなモノやひとや景色で立ちあらわれてきて、

行ってみたくなりました。

チェコプラハとかね。

まぁ、なんと言っても、

ウユニ塩湖だけどね。


私自身はネタバレが平気な方なので、

知らぬ間にネタバレしている、

という不注意があるので、

お気をつけください。


喪失、というのは、

いつも、私たちのテーマです。

生きていれば、

私たちは多かれ少なかれ、

なにかを失う、という体験をします。

それは、きっと、避けられない。

モノやひとを失う、という体験を通して、

私たちは、自分の一部を失っていく。


でも、なにかを失ったとき、

私たちはなにかを、得ている。

それも、避けられない。

だから、残されたものは、

やはり、生きなければならない。

それがどんなに辛いことでも。

日々をなんとか生きのびて、

また出会うものたちに、

心を揺らして、

揺らさなくとも、

少しずつ、それぞれを分け合って。

それらは、

以前、失ったものと共にあったものとは、

違うかもしれない。

でも、

間違いなく、

いまの自分が存在しているのは、

その以前、があったからだ。


強い想いでなくていい、

派手な、煌めいたものでなくていいのだ。

たしかに、

それらは在ったと、

やわらかくあたたかな、

手触りが、自分の中にあれば、

それで充分なのだ。


ハルが、

過去から大切なものを見つけていこうと思ったこと、

悲しい気持ちと、幸せな気持ちは、

どこか似ている、と書いたこと、


そうだよなぁと思います。

私も、きっと、そうするだろうと思うし、

それぞれの全く違うように綴られる気持ちを似ていると感じることにも、

深く頷きます。


また、

登場人物のなかでは、奈々が好きです。


仕事はそこそこに、

しばらくは

ゆっくりと読書の時間を取りたいと思っています。


3月のライオン 前編

体がとっても疲れた感じがしていると、

梅干を猛烈に食べたくなります。

母親も実家から送ってくるので常備してます。

あおねぎです。

 

さて。

映画を観てきました。

ちょっと前になりますが。

 

www.3lion-movie.com

 

元々原作のファンです、私は。

羽海野チカさんは、

漫画好きの友人から勧められて、

「はちみつとクローバー」を読んだのが最初です。

この作品もとっても好きです。

恋愛漫画と思われてるみたいなんですけど、

や、恋愛もあるけど、これはそこじゃないっすよ!?って思ってます。

 

で。

3月のライオンですよ!

なんといってもキャストが完璧!

加瀬さん!

神木くん!!

もうここだよなーわかってるよなー。

ってずっと楽しみにしていました。

 

やー。

前編だけしかまだ観てないですけど、

素晴らしいっす。

私は好きです。

 

糸井重里さんが、この映画の感想として、

いくつかのTweetをTwitterに投稿していました。

 

『いくつもの孤独というものの見本市のようだったけれど、

「思えば、孤独は美しい」と、そう思えたよ。』

『「思えば、孤独は美しい。」

孤独とじっと向き合った人だけが、本人なのである。』

『登場人物すべてがそれぞれの孤独を抱えていて、みんなよかったので。

おそらく、作者や監督、スタッフまで、みんなそれぞれ。』

 

あー、なるほどな。

美しさがあったんだなあって思いました。

 

ひとりでいられないひとが多すぎるなって感じます。

あの…いや、それは自分で持つものだろってところまで、

他人に負わせようとする。

逆に、悪気なく、他人の領域に踏み込んで来ようとする。

いや、関係ないだろあんた。

 

腹に力込めて、踏ん張るところはやっぱりあるし、

そこは自分だよ。

YUKI "Blink Blink 2017" in Hiroshima

f:id:infinit:20170512022831j:plain最近、カーディガンの前ボタンを全閉めで着るのがマイブームです。

あおねぎです。

 

4/29(土)、

広島へ行ってきましたよ!

YUKIの"Blink Bink 2017"へ!!

 

ああー。

大好きです。

YUKI

私は、JUDY AND MARY時代よりもソロ時代の方が好きですし、

最近の楽曲の方が好きです。

実際、JUDY AND MARY時代、

リアルタイムでは私はファンではありませんでしたしね。

カラオケによく行くようになってからかなあ…

 

今回は、ニューアルバム「まばたき」からほとんどの楽曲をうたってくれて、

でも、定番の曲ももちろんあって。

「ワンダーライン」でぴょんぴょんジャンプしてるYUKI可愛かったし、

誰よりもノッてる30代?40代?男性もいて、

ライブっていいなって思いました。

映画祭なんかもそうですけど、

その場にいるのが、みんな、ある特定のものを好き!って思ってるひとたちで、

全員が、同じものを、それぞれの理由で「好き」でいて、

そのパワーってやっぱりあったかくて。

 

「こんにちは、ニューワールド」のサビ部分の雰囲気が好きでしたが、

これは演出がよくて、ライブで聴けてよかったです。

YUKI「さよならバイスタンダー」

久々にサイボウズの壁紙をかえたら気分転換になりますね。

今までネコの壁紙でしたが、プラネタリウムにかえました。

あおねぎです。

 

最近、YUKIのこの曲と、

ポストに声を投げ入れて」を交代でエンドレスリピートしています。

 

初めて行ったライブはYUKIで、大好きなアーティストです。

新曲前にいつもやってくれるYUKI web Radioも楽しくて、

しあわせ~って思いながら聴きます。

 

natalie.mu

 

この記事を読んでいて、

バイスタンダーって言葉を知っていて歌詞にしたのではなかったんだ!

ということを知り、驚いています。

3月のライオン」も大好きで、アニメはみてないのですが、

映画はとっても楽しみにしています。

 

この曲は、とてもとても強い曲。

ていうか、どこの歌詞もスバラシイ。

才能、って言葉を使ってしまうと、

ちょっとずれるのかなっていう気もするけど、

ここで言いたいことって、才能というか、

自分に必要なもの、ってくらいに私は受け止めました。

自分に必要なものは、もう、最初から、自分は持ってるんですよね。

で、それをどう使うか、与えられたものをどう使い切るか。

ひとはうらやましいと思うかもしれない。

でも、それって本人じゃなきゃわかんないんですよねえ…

あきらめにも似たような、でも、強くて気高いプライドにもなるもの。

 

あと、個人的に好きなところはココ!

 

「今まで歩いてきた

つたない文字の無邪気な足取りが

間違いだらけだとしても

夜は明けた

大きな声で叫ぶよ

慎ましさとか 孤独とか 空しさを

もっと知って愛されていくよ

こわくて こわくて こわくて投げ出したくても

僕は 僕に誓うよ」

ともにあるもの-LALALAND

春だなあ、と思ったら花粉症です。

あおねぎです。

 

初めて書く映画についての記事がこれでとっても嬉しい楽しい大好き!いえい。

 

キラキラして、素晴らしいエンタテインメント映画でした。

私は、映画をみるときって、

話の筋はもちろん大切なんだけど、

出演者の洋服や、お部屋にあるモノに興味がそれていることが多いです。

この映画は、とってもカラフルなんですよね。

ミアのお洋服がどれもとーってもかわいくて、だいすきでしたし、

ミアとセバスチャンが二人で暮らし始めると、

鉢植えに黄色いお花がお部屋に飾られていて、

ああスバラシイ!って思いました。

 

ミアとセバスチャンが、二人でピアノを弾くシーン。

良かったですねえ。

後ろの薄い黄緑色の生地も薄いカーテンと、ミアのラベンダー色のお洋服。

とても柔らかいのに鮮やかで、あたたかくて、

ずっとみていたい、と思いました。

 

あと、この映画のタイトルで使われている字体も好きです。

ものすごくよく、この映画の雰囲気を表していますよね。

 

voguegirl.jp

 

で。

私の太陽星座の運勢byしいたけさんの記事。

これ…とてもよく当たっているような気がします。

私自身は、過去にしがみつくって好みではないし、

割とばっさばっさと切り捨てあきらめてしまうところもあるんですけど。

涙出るほどうれしい記事です、これ。

読んだ時の高揚感というか、熱というか。

自分の中に生まれたそれ。

ありがとう、しいたけさん。

 

でね、

LALALANDもさ、ミアとセバスチャンの恋、

終わってしまった(=過去になった)それ、のお話ではないですか。

でもそれは、事実だけをみれば、結果だけをみれば、

終わってしまったかもしれないけど、

それぞれの人生においては、やっぱり、

ともにあるもの、だし、それぞれがそれぞれの一部になっている、んじゃないのかな、

と思います。

 

ameblo.jp

 

ameblo.jp

ameblo.jp

 

なんというか。

私も、よくはわからないのですが、

 

エネルギーの質、みたいなものが同調すること。

相乗効果で、互いのエネルギーがらせん状に上昇していけること。

 

条件とか、うわべのことではなくて、

なんとなく、そういうひとと最上のタイミングで出会うように、

自分が一番、自分をあきらめなくて、応援してあげていたら、

そうなるんじゃないかな、

そして、それは、自分のためだけじゃない、出会いになるんじゃないかな、

しいたけさんの記事とLALALANDで、そう思いました。