読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Input

わたくし、歩くのが好きなのですが、

この時期はどうも花粉症で、目がしぱしぱします…

そして肌も敏感になっている…ちーん。

今朝もちょっと赤みがでて、もしからした基礎化粧品があってないのかなあ。。。

あおねぎです。

 

さて!

ストレングスファインダーです。

私のなかで5つ目の資質。

「Input」。日本語だと「収集」。

 

無料で確認できるのはここまでで、

残りの29個の資質の順位を知りたい場合は、

さらに追加料金が必要みたいです。

 

http://ストレングスファインダー.com/category6/

 

・時折、大きな戦争について学ぶ傾向がある。何人かの人がこのようなトピックに対して退屈さやイライラを感じる一方で、それを魅力的に感じることがあるだろう。

・本能的に、あなたはあなたに対して「達成したいこと」を話してくれるような特定のタイプの人々と友達になりやすいと感じるだろう。また、その人たちをより良く知るために、あなたはいくつかの本や、雑誌や、新聞や書状や、インターネットのサイトを彼らの関心ごとに関する知識を広めるために読むかもしれない。

・人々をゴールに近づくのを補助するような知識を分け与えることができるようになったとき、お互いをよりよく理解出来るようになるだろう。

・示唆に富む刺激的な会話の中心に入り込める。

・理論的に話す。それは、あなたがまだ発明や証明、製造や実行の前段階にある事柄について話すことができることを意味する。

・即座にあなたの洗練された言葉の意味を把握出来る人と会話をすることを好む。 

 

自分にあてはまりそうだなーと思えるのはこのくらいでしょうか。

そう、なにかことばを発したときに、言わなくてもだいたい意味をわかってくれる、察してくれるひとと会話したいと思いますね。

もしくは、丁寧に聞き返してくれるってのはありです。

で、とおりいっぺんのよくある会話にはほんっと興味がない。最近特にその傾向が強くなってて、無駄!って思ってしまいますねえ…

 

あと、悪口とか文句、愚痴しかいわないひと、ひとの噂話ばっかりなひとも苦手なので、その空気を感じたら、もうそのひととは話さなくなりますね。

そういうひとってどことなく陰なんですよ、で、見かけが魔女。

話を盛るくせがあって、ほんとうに間違っている情報を、

何食わぬ顔でぺらぺら話すので近づきたくない。

うちのお局様のことですけどね。

 

理論的に話す、ことはあまり意識してないのですが、

小さいころ、理屈っぽい子とは親には言われてました。

屁理屈よ!みたいに注意されてました。

 

んで、大きな戦争について、ってのはちょっと驚きました。

これはほんとうにそうで、

私の場合はドイツ、ホロコースト第二次世界大戦になるんですけど、

映画ですね、一時期このあたりがテーマの作品ばかりをみていた時期がありました。

それもあって、ドイツ語を学び始めたのですが。

こういうのも特徴として出るのかーと。

 

自分では当たり前と思っていることは、

他の人にはマネできないことだったりします。

こういうツールがあると、それに気づきやすくなるし、

そうしたら、他人と比べなくてもいいって思えます。

ちょっとお金はかかりますが、

やってみると楽しいですし、おすすめです。

Learner

3月のライオン(前編)」

映画みてきました。

なんてすばらしい。

あとで感想記事書きたいと思います。

あおねぎです。

 

久しぶりのストレングスファインダーです。

私の4つ目に大きな資質。

「Learner」。「学習欲」。

 

http://ストレングスファインダー.com/category3/

 

これは、自分でも納得です。

仕事の仕方の理想を考えていると、

自分の欲求のひとつとして、

「学び続けたい」というのがあるんですよね。私。

自分も常に新しい知識や技能を習得し続けていて、

それを何らかの形で仕事に生かし続けること。

情熱をもって。

あと、

自由に意見や考え、ふわっとしたアイデア未満のものでも、

なんでも言える環境があって、

そこに集うメンバーと話すことで、

お互いがよい影響を与え合えるってのが理想で。

 

Learnerの特徴として、

自分によりあてはまるように感じたのは、

 

・考えていることがそのまま口から出たり、

知的な人々が彼らの考えを述べるのを聞く時間を素晴らしいと感じる

・他人とアイデアや概念、理論について話す過程で、

より容易く知識を獲得することができる

・精神の拡大を妨げる人や状況を避けたいと感じる

・継続的に知識やスキルを獲得することに意欲づけられる

・思考は、何らかの質問が提示され、それに対する回答の中で生じるものである

・知性を「現状維持」することを受け入れがたいと感じる 

 

このあたりですね。

理知的でないひとってちょっと苦手です。

知性、論理的であること、ってやっぱり私には大事ですね。

否定しないで他人のアイデアを聴く、とかね、

相手の人格批判をしないで議論をする、とかね。

 

で。

なにかを達成したいとか目的思考というよりも、

学び続けている、という状態を私は望んでいて、

アウトプットすることを忘れがちなんですけど、

ここは意識して、アウトプットしていきたいんですよね、最近は。

 

私はいつも世界に驚いていたくて、

「え、そうなのっ!?」っていうのとか、

「ねーねー、これ、面白くない!?面白くない!?これ!!!」とか、

「なんでだろうー???」とかね、

学びのなかに喜びって私はあると思っていて、

勉強って楽しいものだよなーってのが根底にあります。

知識自慢ではなくてね、

喜びや驚き、わくわくざわざわどきどきわさわさ、

そういうのをただ、伝えたい、って感じなのです。

 

あと。

わかりやすく説明できるひとのことはいつも尊敬してしまいます。

難しい用語ばっかり使って、ひとを煙に巻こうとする感じのひとは苦手。

とりあえず無言になって、さささーっ。です。

多いのよね…この業界…なんなのかそのプライドは。

転ばぬ先の杖

ヨガを再開しました。

肩甲骨が開いてバキボキですが、いい感じです。

解放!春!!

あおねぎです。

 

大切なものをどうやって守ったらいいか。

 

アレは危ないからダメ。

コレも、こういう可能性があるからダメ。

ソレは、あのひとだかうまくいっただけ、私には危険。。。

 

禁止事項のオンパレード。

気持ちはわかる。

怖いよね。

どんなことがあるかわからないから。

守りたくて。

なるべく安全そうな道って。

思う。

 

傷つかないように。

転ばないように。

そうならないように、いろんなものを与えようとするんだけど。

 

もう、そういうのはイヤなんだ。

気持ちはとっても嬉しいの。

とてもとても。

 

転ばぬ先の杖を与えてくれようとすればするほど。

隣で転んで泣きわめいてる誰かをうらやましく思ってしまう。

だから。

自分で選ぶ。自分らしく。

ちゃんとざわざわする自分を受け止めてから。

傷つくこと

お部屋に飾っているチューリップが少しずつ咲き始めました。

チューリップって、愛らしいお花ですね。

あおねぎです。

 

傷つきたくない。

怖い。

そう思うこと、ありますか?

傷つけたくない。もありますよね。

 

確かに、そうなんです。

でも。

相手に、勝手に、自分を見積もられて。

相手が私に言いたいこと、伝えたいことを、

私に伝えてくれなかったら。

がっかりする。私は。

 

伝え方、はありますよ、そりゃもちろん。

私だって、まだまだひとのこといえないけど。

でも、

最初は、怒りとか悲しみとか、名前をつけるとするならば、

そういうものだとしても、

そのもっと奥にある、だいたいの本音は、

相手のことが、自分にとって、たいせつってことで。

かけがえないってことで。

勝手に自分がスネちゃってたり。

たいてい、超恥ずかしいこと。

でも、いいんだよね。

だってそれが本音なんだもん。

かわいいもんです。

 

だから。

私がたいせつだと思う相手には。

私に対して。

私が傷つくなんて、勝手に見積もらないで。

ぜんぶ、伝えてほしい。

キレイな想い出なんかいらない

絶賛花粉症中です。

最悪や!

あおねぎです。

 

さて。

私はとっても怖がりですので、

いさかいや争いごとはなるべく避けたいと思って、

行動することが多いです。

 

人間関係についても、

だから、

家族はともかく、それ以外のひとと喧嘩することってあんまりないのです。

んが。

まあいろいろあったんですね、

んで、いろいろあった結果、

思ってることとかちゃんと言えるようにならんとあかん。

怖くても、自分の気持ちをまっすぐに言えるようになりたい。

と、思うようになり。

少しずつ、訓練しました。

 

大好きすぎて言えないとか。

嫌われたくないから言えないとか。

こんな自分みせたくないとか。

はずかしいとか。

自分がちょっと我慢すればすむとか。

 

そういうのはもうやめようって。

怖い怖い怖いと思いながらも。

少しずつ。

どんな手段でもいいから。

また、時間が少したってからでもいいから。

声や手が震えてもいいから。

涙が出てきてもいいから。

自分が気にしていることや、思っていること。

大事な人には特に。

伝えていこう。

 

だいぶ楽になりました。

ほんとうは、どうしたい?

怖くてもいいから、とりあえず、

私はどうしたい?どうなりたい?

 

いつもだったら。

キレイな想い出にして、あきらめようなんて。

そのほうが賢いなんて。

そういう選択をしてしまうところ。

 

キレイな想い出ってなんだよ。

勝手に終わらせんじゃねーよ。

それがどうにも、自分のわがままだということ。

わがままでしかないということ。

 

それをみつめようと思った。

全然キレイじゃない、そのおもいとともにいようと思った。

全然キレイじゃなくてもいいから、

現実を生きようと思った。

 

大好きなもので自分の世界を満たすために。

自分にとって、ほんとうにだいじなものだけを、

だいじにできるように。

 

でもね。

そうしたら。

澄んでくるんです。

不思議だけど。

まだまだだけど。

ちょっとずつ。

YUKI「さよならバイスタンダー」

久々にサイボウズの壁紙をかえたら気分転換になりますね。

今までネコの壁紙でしたが、プラネタリウムにかえました。

あおねぎです。

 

最近、YUKIのこの曲と、

「ポストに声を投げ入れて」を交代でエンドレスリピートしています。

 

初めて行ったライブはYUKIで、大好きなアーティストです。

新曲前にいつもやってくれるYUKI web Radioも楽しくて、

しあわせ~って思いながら聴きます。

 

natalie.mu

 

この記事を読んでいて、

バイスタンダーって言葉を知っていて歌詞にしたのではなかったんだ!

ということを知り、驚いています。

3月のライオン」も大好きで、アニメはみてないのですが、

映画はとっても楽しみにしています。

 

この曲は、とてもとても強い曲。

ていうか、どこの歌詞もスバラシイ。

才能、って言葉を使ってしまうと、

ちょっとずれるのかなっていう気もするけど、

ここで言いたいことって、才能というか、

自分に必要なもの、ってくらいに私は受け止めました。

自分に必要なものは、もう、最初から、自分は持ってるんですよね。

で、それをどう使うか、与えられたものをどう使い切るか。

ひとはうらやましいと思うかもしれない。

でも、それって本人じゃなきゃわかんないんですよねえ…

あきらめにも似たような、でも、強くて気高いプライドにもなるもの。

 

あと、個人的に好きなところはココ!

 

「今まで歩いてきた

つたない文字の無邪気な足取りが

間違いだらけだとしても

夜は明けた

大きな声で叫ぶよ

慎ましさとか 孤独とか 空しさを

もっと知って愛されていくよ

こわくて こわくて こわくて投げ出したくても

僕は 僕に誓うよ」

あきらめられないこと、あきらめきれないこと。

UsherのBurnが通勤ソングのお気に入りです。

青く高く遠く晴れた朝の空って気持ちがいいですね。

あおねぎです。

 

あきらめられないこと。

あきらめきれないこと。

ありますか?

できないけど、

どうしてもできるようになりたいこと。

どうして惹かれるのかわからないけど、

離れられないこと。

 

私にとってそれは、

英語です。

語学です。

ことばです。

 

最近気づいたのですけど、

ことば・言語って、制限ですよね。

情報量ということで言えば、

映像や絵、イメージのほうが圧倒的です。

ことばにならない、というそのひとことが示していますよね。

 

あるひとが、

制限があるから、創造性や「らしさ」が生まれる、って

私に教えてくれたことがあります。

 

どちらに惹かれるかといって、

絵や映像の世界も大好きです。私は。

しかも、一時期なんて、

そっちの方がことばの世界より、優れている、くらいに思ってたこともあります。

 

でも、

結局のところ、

私は、言葉で考えるし、言葉で自分の思いを伝えるし、

言葉で相手の思いを受け止めようとするし、

言葉を通して、いろんな世界を知ります。

 

だから。

おもしろい。

制限があるから。

「犬」ということばについて、立ち上るものがひとそれぞれ違うから。

おもしろい。

 

終わりがないから途方に暮れるし、

終わりがなくていやになるわって、

思ってたのです。

でもべつにそんな風に思わなくていいんですよね。

むしろ、終わりがないから、おもしろいししたのしい。