正面から向き合う・正直にしか反応できないアンテナ

アメリカ取引先の担当者もその秘書も不在のようで、

やっぱりアメリカって、こう、アバウトっていうか…いいよなっ!って思います。

あおねぎです。

 

ameblo.jp

 

先ほどこの記事を読んでました。

太陽星座が蟹なんですが、私。

相手の知的レベルと人間としての信頼性…そんなんみるの当たり前だろ!?

んでもって、それに合わせて、話す話さないを決めるのなんか、当たり前だろ!?

 

「正直」とか「ホンネ」…

いつもこれに悩まされますね…

口固いかどうかは当たり前のチェック項目だと思うんですけど、

相手と話してると、向こうの知的レベルや、どこまでものごとやひとを慮れるひとかってのは、相手の年齢によらずみえてきてしまいますから、自分のことを話す相手って限られるし少ないです。

 

そう、ここに指摘されているように、

ウケを狙ったもの、演技っぽいものやワザとらしいものってひどく苦手ですねー。

 

「察して、の強要」かあ…

「察する」が仕事のうちに入ってますけど、私。

でも確かに、自発的にやってることはいいんですけど、

空気読め、みたいなのを出されると…無言の抵抗をしてますね。

体が受け付けないので、そっとその場を離れてたりします。もう、自動的に。

自分でも無意識ですね。アレ。

無言で立ち去ってて、あとでアレッて気づく。

 

あと、私は、仕事においても、正直でありたい、って思ってるっぽいです。

そうじゃないと、自分も楽じゃないんですよね…

でもなあ…それってほんっとー難しいんだよなあ…

Lost Stars-On my Way-

コンビニでお買い物したら、お会計がちょうど500円でした!

なんということはないですけど、

ちょっとうれしくなっちゃいますね!

あおねぎです。

 

ameblo.jp

 

上記の記事を読み返していました。

 

もし、ほんとうに、仕事というものが、

仁さんのおっしゃる通りなのならば。

今私がやっている仕事、職業、生活の在り方、は、

たぶん、仕事ではない。

じゃあなんだろう?っていう答えがずっと出ないで悩んでいる。

停滞している。

どうしていいか、わからないんだ。

ほんとうはわかってる自分がいるのかもしれないけど。 

まあまあ満足。ほどほど納得。

そういう風に生きてきたし、私ってば、

ずいぶんと、のんびりしてきたものだと思う。

でも、そういう風にしか、できなかったよなあーとも思うの。

 

オフィスやお店で働くだけが、仕事ではない。

きっと。

で、私は、人は、働かずにはいられないものだと思っている。

Activityっていうのかな、食べて寝て、遊んで、っていうだけじゃ。

つまらない。

自分のためだけ、でも、続けられない。

 

あとね、

これを読んでて気づいたのは。

なんかね、

私って、「正しい」理由、をずっと探してるの。

全員が納得するような、ね。

 

周りの人たちが、

それをやる目的は?とかね、

たくさん聞いてくるから、っていうのもあると思うんだけど。

そのたびに私は理屈っぽくなって、

「ただ」やってみたいから、ってのは当然許されなくって。

でも、わかるんだ。

私が危なっかしいから。飽きっぽいから。

周りの人たちは、私を心配して、いろいろ言ってくれてるの。

 

ほんと、一番の理想は。

私が幸せで、みんなも幸せっての。

 

どんな理由から始まってもいいんだ。ってことは。

それはとてもちからになる。

 

じーんとする。

やっぱり、バカにされたり、相手にされなかったら、イヤだもん。

間違ってるのかな、私は。

って。

思っちゃうもん。

でも。

そうやってすぐ、ひとを否定するひとのこと、

もう相手にしなくていいんだよね。

っていうか。

相手にしちゃダメだよ。

正解を探そうとして。

間違いたくなくて。

つい、否定的な意見の方を聴こうとしちゃうけど。

もし、自分のやってることがすべてまるっと、正解だったら?

しあわせになることが決まってるとしたら?

 

未来からみたら。

今のことって、全部よかったことになるんだよね。

 

時間は、未来から流れている。

過去なにがあったとしても。

 

Listening, "Lost Stars" by Adam Levine.

身体は楽器!

ひとって、

ほんっとーにつらいことがあったときって、

ほんっとーに、

どーしたらいーんですかね。

あおねぎです。

 

英語の発音、

私はとっても悩んでます。

もっと上手に、スラスラ、ペラペラ、

話したいなーって。

 

でも!

それって、やっぱりけっこう、大変なんです。

 

理由。

日本語と英語では、

喉や頰の筋肉などの使い方がまるで違うのです。

また、日本語は胸式呼吸で発音できますが、

英語ネイティヴって、基本的には腹式呼吸なんだそうです。

だから、身体の使い方からして違うんだ、と意識して話す必要があるのです。

 

声は音、ですから、

身体は、音を出す楽器です。

そう思ってやるのがまず大事。

 

そして、英語ネイティヴが一番楽な状態、

スタート地点て、

声帯が開いていて、緩んでいる、

リラックスしている状態です。

 

お風呂で、はぁーっと一息つく感じとか、

ため息出る感じとか、

とにかく、リラーックスしてるときの身体を、

まずつくるのが、

英語の発音を綺麗にするスタート地点。

 

あとは、舌の位置。

これは人にもよるのでなんともいえませんが、

私の場合は、

口腔内で、上下では少し上、舌を少し奥にしつつ、舌の両端を上歯茎につける、という感じです。

訓練訓練!

Good Good posture!!

f:id:infinit:20170528123311j:plain

ストレッチをやりすぎたのか、

右肩が痛いです。

あおねぎです。

 英語の勉強のため、iPhoneの言語を英語に変更しました。

がんばるぞ。

 

ウォーキングレッスンで習ったことを覚え書き。

 

軸足に体重をのせる時間を長く。

軸足に体重がのっている間、軸足はまっすぐ。

・後ろ足はまっすぐ伸ばしつつ地面から離す。

 

だいぶ整ってきました。

母が姿勢の良いひとなので、

歳を取ってもピンとシャンとしてるひとでいたいです。

空に浮かべる思いで

コテでおでこをやけどしました。

あおねぎです。

 

「付き合ってた子、イジメられてたけどな」

 

そういう風に行動できるひとなんだ。

と、思った。

あまり本心を見せないひとだった。

 

「オレの葬式には来てや」

 

冗談か本気か、わからなかった。

夜空に、いつもあなたの星はあった。

キラキラした思いのまま。

もし。

ほんとうに。

神様がいるのなら。

 

助けてほしいと思った。

 

風みたいなひとで。

あきらめているのかいないのか、わからなかった。

 

いつもいつも。

わからないのは私のほうで。

 

ひとは、思い出のかけらたちでできているというなら。

未来だけを。

時間が流れるそのみなもとのほうだけを見て居ようと思う。

行きたい場所・みたい景色・今後やりたいことなど

あー。

いよいよ仕事やめるかー。

あおねぎです。

 

自分のためのメモ。

 

行きたい場所。

アメリカ西海岸。

セドナ

ドイツ。ゲッティンゲン。

イギリス。バーミンガム

フランス。パリ。

ハワイ。

 

みたい景色。

広大な大地。

青い空と海。

恋人と過ごす日曜昼下がりの公園。

 

今後やりたいこと。

ネイルやメイク。美に関すること。

アロマ。

英語とマナーレッスン。

ドイツ語。

フランス語とイタリア語。

チェロ。

ボールペン字。

Pink-About Love

通勤途中、スズメがボトッと空から落ちてきて、

びっくりしました。

あおねぎです。

あれ、子スズメが飛ぶ練習をしているところらしいですね。

んで、親スズメが近くにいるはずで、

人間が近くにいると親スズメは子スズメのとこに寄ってこれないから

早く離れてあげるのが良いらしいです。

じーん。

 

というわけで。

ピーンク!

一度ピンクについての記事は書いてますけどね。

ピンクの抽象的イメージや連想させるものは下記。

 

愛、可愛い、甘い、優しい、穏やか、キュート、ロマンティック、恥じらい、幸福、幼稚、桜、桃、なでしこ、赤ちゃん、女性、少女、子ども、母

 

生理的作用としては、女性ホルモンの分泌を高めて、肌や髪を艶やかにしてくれるってのがありますよ!

精神的にも、適度な高揚感、幸福感、穏やかで優しい気持ちになる、といった効果があります。

 

イライラしてゆとりがないときには、穏やかな気分にしてくれたり、気持ちが萎えているときには、優しい気持ちになれます。

 

ピンクを選ぶ心理状態として考えられるのは、

心がときめいているとき、あるいは、優しくされたいという願望があるとき、

現実から目を背けたいとき、恋愛中や妊婦など幸せなとき、ですね!

 

女性らしさを演出できるだけでなく、女性が好きな色でもあります。

人の気持ちを甘く優しくもさせてくれます。