読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毛玉取り

Fashion

寒い…寒すぎる…

母親に、雪が大変そうだけど無理しないでね、とメールしたら、

ありがとう、だいじょうぶ、とお返事がきてほっとしています。

あおねぎです。

 

さて。

コートやニットなどなど、

知らぬ間にできてしまう、毛玉くん。

気になりだすと、

とってもずーっと気になるので、

先日、一心不乱に、

コートの毛玉をハサミで切ってました。

 

ふと考えていたこと。

元々、私の母親は洋服を丁寧に扱うひとです。

いまだに独身時代の洋服を着ることができるよう、

毎年、手入れしていますし、

繊細な素材や型崩れさせたくない衣類は手洗いします。

だから、当然、

毛玉も、毛玉取り器などではなく、

自分の手で、ハサミで、

チョキチョキしていました。

小さいころから、そういう手元をみて育ちましたので、

洋服を丁寧に扱う癖は自然とついたように思います。

よくコタツで縫い物してましたしね、母は。

 

で。

コートの毛玉をハサミでチョキチョキしていて、

 

ちゃんと手間をかけること、

時間をかけること、

丁寧であること、

そういうのって、大切なんだろうな、

 

と感じました。

 

対モノでも、対ひとでも、同じ。

善くありたければ、

それなりに時間も労力も、かかる。

精魂込めて行うことでなければ。

そういうことって、

ことばで伝えられるよりも、

行動でみせられた方が心に残りますし、

納得、腑に落ちますね。