Empathy

新しい濃いピンク色のA4ギリサイズの鞄を買いましてルンルンです。

春ですね!

あおねぎです。

 

http://ストレングスファインダー.com/category2/

 

さて。

ストレングスファインダーで私のなかで2個目に高かった特性です。

共感性…Empathy。

まあ、これはね…納得というか…

だって、なんかもう、わかっちゃうんだもん!って感じですね…

これを活かした仕事を今のところやっていると思います。

秘書はねー…他人の感情に対する敏感さというか、それは必要だと思うの。

たまにネガティブな方向に自分の視点というか感情が振れていると見誤るんだけど。

大抵が気にしすぎだし、ベクトルが自分に向きすぎているときは、

ちょっと仕事場を離れて切り替えます。

敏感さも大事だし、

でも、鈍感さもおなじくらい、大切ですね。

なにがあっても、コンスタントにクオリティを保って業務を遂行できること。

これは私の課題です。

 

大学時代、ひとに褒められたことのひとつで、

「あなた(=あおねぎ)は人の話を否定しないで聴ける」

というのがありました。

なんというか、これはポリシーかもしれないです。

そのひとがみている、おもっている、現実、事柄、について、

それがゆがんでいる?、と私が感じるとしても、

私が感じることを話したり、違う方向へ促すことには、

あんまり意味がないと思っています。

だって、そのひとにはそのひとの世界があるから。

それは、誰のとも、もちろん、私のとも同じではないから。

 

基本、ひとと話してるとき、私はうなずいてるか、

感嘆の言葉(つまりあまり意味をなさない言葉。えーー…とか、うーん、とか)を言ってるか、そんなくらいです。

そうですかーとか、まあ…ねえ…とか、おっしゃる通りで…とか。

人の話を聴くのって、楽しいことでもあるけど、疲れることでもある。

でも。

そのひとの世界をそのまま、なるべく、そのまま、知りたいから。

私は、よく、聴けるひとでありたい。

もちろん、意見を求められれば、それはいろんな前置きをしつつ、

話すでしょうけど。

 

とても親しい人には、

自分の考えとか思ってることをあけすけに語れるし、

そういう人の前では、子どもみたいなままでいたいけど。

それはまた別のお話。

 

で。共感性の高い人の特性として挙げられているのは下記の通り。

 

  • 本能的に、ほぼ全ての人に対して慈しみの感情を持ち、結果として人々を惹き付ける。
  • 人から「他人のその時々の感情や思考、経験を理解している」と感じられる。
  • 「感情を察知する能力」や「人の考えに傾聴する能力」が賞賛されやすい。
  • 恐らく、"Still Waters run deep(とどまる水は深くしみ込む=物静かな人は思慮深い)"という諺を体現している。
  • 他人に対して「真面目で品位のある人」という印象を受けやすい。
  • あなたの鋭く明瞭な視点は、特定の人には利益となる。
  • 他人が心の奥底にある思考や感情に対して明確な表現を与える能力に長ける。 
  • 他の人が「あなたに話を聞いてもらいたがっていること」を知るのが好きである。
  • 他の人があなたにアドバイスを求めていることを認識している。 
  • 生まれつき、「出しゃばり」や「攻撃的」、「支配的」な人から距離をとる傾向がある。恐らく、彼らの言葉や非言語的な態度であなたは不快感を覚えるだろう。
  • 何か特別な事態が起こったときに「その時に自身がどう感じていたのか」を省みることがある。
  • おそらく、あなたの感情的な気づきはあなたの思考に鋭敏さをもたらす。 
  • 頭と心で考えるようにすると、よりよい結果を生みやすい。

http://ストレングスファインダー.com/ より。

 

自分ではあんまり思ってないんですけど、とても真面目だと思われることは多いですねえ…そして、出しゃばりなひとや、支配的なひと、そう、苦手だから、めっちゃ距離とる!男性も女性も!!