読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PinkPinkPink!

Colour

今朝、Sweet Elf という言葉が浮かびました。

薄いラベンダー色のふわっふわした髪の毛をもつ妖精さん

…というイメージ。

妖精さんは居るんじゃないかな。

イタイ子ではないですよ!私は。きっと。あー。

あおねぎです。

 

春だからか、ピンクがとっても気になります。

カラーセラピストのお勉強はしたので、

色に関する基礎知識はあります。

 

ピンクはやっぱり女性の色なんですよねー。

やさしさ、やわらかさ、あたたかさ、かわいらしさ、あまさ。

ロマンティック、キュート、幼児性、女性的な包容力。

だから、小物でもなんでもよいので、女性には身近においておいてほしい色ですね。

 

カラーセラピストの先生にも、

ピンクは取り入れたほうがいいって言われてからは、

ピンクもファッションなどに取り入れるようにしています。

 

でも。

その前は、ピンクにはとっても抵抗がありました。

堂々と選べなかった。

ブルー、ブラックを選ぶことが多かったです。

ここ2年くらいでかなりかわりました。

意識が。

20代の頃にも、

自分が好きな、スイートな感じのものを選んでいたときはありましたけど、

意識が違っていたと思います。

自分が納得のいくかたちで生きていなかったので、あきらめてました。

かわいい格好をしてみても、満たされてなかった。

長かったなあ…

私をコントロールしてこようとするパワーに対して、

私はひそかに抵抗し続けるタイプなんだと思う。

でもそーゆーのって、自分をめちゃくちゃ犠牲にしてしまうから。

ちゃんと自分が自分の声・本音を聴いてあげる。

それを叶える行動をする。

もしくは、怖くても、言いたいことは言ってみる。とか。

(それが、常識から外れてるとしても。

「いま、働きたくない…」みたいなことでも)。

自分が自分の本音を認めてあげていたら、だいじょうぶだから!

ちゃんとみてるよ、って。

自分で自分にそういうサインを送ってあげる。

 

ほんとのほんとのほんとはどうしたい?

すべてが。

肩の力を抜いて、そのまんまで。

うまくいくとしたら、どうしたい?

どうありたい?

どんな感情でいたい?

 

いきなり大きなところではなく。

 

いま、なにが食べたい?

どんな服が着たい?

観たい景色はある?

どこか行きたい?

なにがしたい?

疲れてたらゴロゴロしよ?

 

誰かの賞賛や注目ではなく。

あくまでも。

自分。

外側は、内側の鏡なだけだから。

 

自分がいま。

ここちよくあれば。

ぜんぶ、うまくいく。

 

そう、だから、

ピンクだって、そういう気分じゃないときは、選ばなくていいんだ。

すぐに、なんでもルールにしてしまう癖がある私だから。

でも、選んでしまっても。

そんな自分もまる。