キレイな想い出なんかいらない

絶賛花粉症中です。

最悪や!

あおねぎです。

 

さて。

私はとっても怖がりですので、

いさかいや争いごとはなるべく避けたいと思って、

行動することが多いです。

 

人間関係についても、

だから、

家族はともかく、それ以外のひとと喧嘩することってあんまりないのです。

んが。

まあいろいろあったんですね、

んで、いろいろあった結果、

思ってることとかちゃんと言えるようにならんとあかん。

怖くても、自分の気持ちをまっすぐに言えるようになりたい。

と、思うようになり。

少しずつ、訓練しました。

 

大好きすぎて言えないとか。

嫌われたくないから言えないとか。

こんな自分みせたくないとか。

はずかしいとか。

自分がちょっと我慢すればすむとか。

 

そういうのはもうやめようって。

怖い怖い怖いと思いながらも。

少しずつ。

どんな手段でもいいから。

また、時間が少したってからでもいいから。

声や手が震えてもいいから。

涙が出てきてもいいから。

自分が気にしていることや、思っていること。

大事な人には特に。

伝えていこう。

 

だいぶ楽になりました。

ほんとうは、どうしたい?

怖くてもいいから、とりあえず、

私はどうしたい?どうなりたい?

 

いつもだったら。

キレイな想い出にして、あきらめようなんて。

そのほうが賢いなんて。

そういう選択をしてしまうところ。

 

キレイな想い出ってなんだよ。

勝手に終わらせんじゃねーよ。

それがどうにも、自分のわがままだということ。

わがままでしかないということ。

 

それをみつめようと思った。

全然キレイじゃない、そのおもいとともにいようと思った。

全然キレイじゃなくてもいいから、

現実を生きようと思った。

 

大好きなもので自分の世界を満たすために。

自分にとって、ほんとうにだいじなものだけを、

だいじにできるように。

 

でもね。

そうしたら。

澄んでくるんです。

不思議だけど。

まだまだだけど。

ちょっとずつ。