読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Learner

3月のライオン(前編)」

映画みてきました。

なんてすばらしい。

あとで感想記事書きたいと思います。

あおねぎです。

 

久しぶりのストレングスファインダーです。

私の4つ目に大きな資質。

「Learner」。「学習欲」。

 

http://ストレングスファインダー.com/category3/

 

これは、自分でも納得です。

仕事の仕方の理想を考えていると、

自分の欲求のひとつとして、

「学び続けたい」というのがあるんですよね。私。

自分も常に新しい知識や技能を習得し続けていて、

それを何らかの形で仕事に生かし続けること。

情熱をもって。

あと、

自由に意見や考え、ふわっとしたアイデア未満のものでも、

なんでも言える環境があって、

そこに集うメンバーと話すことで、

お互いがよい影響を与え合えるってのが理想で。

 

Learnerの特徴として、

自分によりあてはまるように感じたのは、

 

・考えていることがそのまま口から出たり、

知的な人々が彼らの考えを述べるのを聞く時間を素晴らしいと感じる

・他人とアイデアや概念、理論について話す過程で、

より容易く知識を獲得することができる

・精神の拡大を妨げる人や状況を避けたいと感じる

・継続的に知識やスキルを獲得することに意欲づけられる

・思考は、何らかの質問が提示され、それに対する回答の中で生じるものである

・知性を「現状維持」することを受け入れがたいと感じる 

 

このあたりですね。

理知的でないひとってちょっと苦手です。

知性、論理的であること、ってやっぱり私には大事ですね。

否定しないで他人のアイデアを聴く、とかね、

相手の人格批判をしないで議論をする、とかね。

 

で。

なにかを達成したいとか目的思考というよりも、

学び続けている、という状態を私は望んでいて、

アウトプットすることを忘れがちなんですけど、

ここは意識して、アウトプットしていきたいんですよね、最近は。

 

私はいつも世界に驚いていたくて、

「え、そうなのっ!?」っていうのとか、

「ねーねー、これ、面白くない!?面白くない!?これ!!!」とか、

「なんでだろうー???」とかね、

学びのなかに喜びって私はあると思っていて、

勉強って楽しいものだよなーってのが根底にあります。

知識自慢ではなくてね、

喜びや驚き、わくわくざわざわどきどきわさわさ、

そういうのをただ、伝えたい、って感じなのです。

 

あと。

わかりやすく説明できるひとのことはいつも尊敬してしまいます。

難しい用語ばっかり使って、ひとを煙に巻こうとする感じのひとは苦手。

とりあえず無言になって、さささーっ。です。

多いのよね…この業界…なんなのかそのプライドは。