読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3月のライオン 前編

体がとっても疲れた感じがしていると、

梅干を猛烈に食べたくなります。

母親も実家から送ってくるので常備してます。

あおねぎです。

 

さて。

映画を観てきました。

ちょっと前になりますが。

 

www.3lion-movie.com

 

元々原作のファンです、私は。

羽海野チカさんは、

漫画好きの友人から勧められて、

「はちみつとクローバー」を読んだのが最初です。

この作品もとっても好きです。

恋愛漫画と思われてるみたいなんですけど、

や、恋愛もあるけど、これはそこじゃないっすよ!?って思ってます。

 

で。

3月のライオンですよ!

なんといってもキャストが完璧!

加瀬さん!

神木くん!!

もうここだよなーわかってるよなー。

ってずっと楽しみにしていました。

 

やー。

前編だけしかまだ観てないですけど、

素晴らしいっす。

私は好きです。

 

糸井重里さんが、この映画の感想として、

いくつかのTweetをTwitterに投稿していました。

 

『いくつもの孤独というものの見本市のようだったけれど、

「思えば、孤独は美しい」と、そう思えたよ。』

『「思えば、孤独は美しい。」

孤独とじっと向き合った人だけが、本人なのである。』

『登場人物すべてがそれぞれの孤独を抱えていて、みんなよかったので。

おそらく、作者や監督、スタッフまで、みんなそれぞれ。』

 

あー、なるほどな。

美しさがあったんだなあって思いました。

 

ひとりでいられないひとが多すぎるなって感じます。

あの…いや、それは自分で持つものだろってところまで、

他人に負わせようとする。

逆に、悪気なく、他人の領域に踏み込んで来ようとする。

いや、関係ないだろあんた。

 

腹に力込めて、踏ん張るところはやっぱりあるし、

そこは自分だよ。