Yellow-Bright Child

若干息切れ。

あおねぎです。

 

イエロー。

黄色です。

これ、私は好きな色なんです。

オレンジよりも好き。

 

早速、抽象的イメージや連想されるもの!

 

レモン、ひまわり、光、子供、明るさ、希望、輝き、まぶしさ、陽気、愉快、注意、幸福、元気、活発、幼さ、未熟さ、ユーモア、健康

 

生理的作用には、自律神経が整うことや、脳の働きの促進、知識欲を高める、また、運動神経を活発にし、筋肉にエネルギーを与えることのほか、胃腸に働きかけて胃液の分泌を促進し消化吸収を助けることが挙げられます。

心理的作用には、明るく陽気に、生きるエネルギーを与えてくれることごあります。

 

幼さや甘え、依存を表す色とも言えますが、

新しいことにチャレンジしたいときにその勇気を与えてくれる色でもあります。

一番目立つ色で、瞬間的な集中力を高めてくれたり、アイデアが欲しいときに取り入れると良いです。