読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

White-Eternally Angel

何で中途半端な仕事しかできないんだろう彼女は…

…と怒ってしまうお昼、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

あおねぎです。

 

気分は白!明るく白!!

ということで…

白。って汚れを気にして長い間あまりファッションで多用できませんでした。

これもアラサーになってから、白ばっかり着るようになりました。

今では、白は大好きな色です。

 

では早速。

白が表す抽象的イメージや連想されるものはこちら。

 

雪、ウェディングドレス、白無垢、障子、白鳥、白馬、白蛇、白装束、包帯、純潔、純粋、無垢、清潔、無心、清らか、さわやか、素朴、神聖、清楚、新しさ、スタート、冷たい、空虚、治平、潔癖、神経質、さびしさ、緊張感

 

色彩心理には、観る者に、明るさやさわやかさ、軽さを感じさせることができます。

ただ、寒々しい印象になったり、緊張感を与える色でもありますね。

ですので、住環境に使うには、注意を要します。

リラックスさせるというのとは少し違うので。

でも解放感や明るさを出すことできますから、目的に応じて、効果的に使うのがよいですね!私は住環境でも、白を使うのは好きです。

 

気分が塞いでいるときに使ってもよいですし、

新しく何かを始めるときには、気分をスッキリさせてくれる色です。

 

純白は、無機質で冷たさを感じさせたり、反射が強いのでまぶしく感じることも。

オフホワイトやアイボリー、生成りは、目にもやさしいので居心地がよくなる色です。

私はカラー診断では純白の方が似合うタイプですが、オフホワイトの洋服も持っています。疲れているときはオフホワイトやアイボリーを選んでますね、今気づきましたけど。

 

白を選びたい心理状態というのは、「白紙に戻す」という言葉もあるとおり、

心機一転、再生復活、気持ちの切替、などが考えられています。

 

私は以前よりずっと白が好きになってるので、白っていちおしです。

特に女性のファッションでは上手に使いたい色ですね~、ピンクはまだ無理でも、白はいけますよ!