Black-Being Noble and Refined

大切なひとからの連絡がこないときって、

世の女性はどうしてるんですかね?

あおねぎです。

(元気でやってんのかな…)

 

その気持ちのまま、黒!ですよ!!

10代から20代前半は、黒大好きでした。

ファッションでもなんでも取り入れてることが多かったです。

今はほとんど使わなくなりました。

白を多用するようになったのもあります。

 

では。

黒の抽象的イメージや連想するもの!

 

闇、夜、喪服、黒髪、カラス、葬式、重圧、抑圧、強さ、尊厳、高級、おしゃれ、暗黒、絶望、罪悪、粋、上品、格調高い、都会的、モダン、大人っぽい、機能的、陰気、重苦しい、恐怖、悲しい、死、頑固、保守的、閉鎖的、圧迫感、無機質

 

感情を抑えたり、気持ちを引き締める効果がありますから、

ビジネスでうまく使えるといいですね。

また、人に強い不安感や重圧感を与える色でもあります。

ファッションで上手に取り入れたいのは、高級感や格調高さ、大人っぽさを出せるところですね。

 

黒を選んでるときは、グレーと同様、エネルギーが低下しているか、閉鎖的で人と交流したくない時、重圧感を感じているとき、とのこと。

これも、そう感じてるのがダメってことじゃないです。

自分にちゃんと気づいてあげるのが大切。サインですから、ちゃんとキャッチしてあげましょうね!

 

住環境で使うと、圧迫感を伴うので、狭い空間をより狭く暗く感じさせてしまいます。

心理的に閉鎖させ、抑圧させる色なので、グレーと同様、子供や高齢者、病気の方の環境色としては不適切です。